民進党は前原誠司代表の下で再スタートしたが、早々に大きくつまずいた。ナンバー2の幹事長に起用するはずだった山尾志桜里元政調会長の不倫疑惑が週刊誌で報じられ、人事案は撤回、山尾氏は離党した。代わりに大島敦氏を幹事長に据えるなどの人事で新執行部が発足したが、混乱ぶりを印象づけた。民進党を見限って離党する若手の動きもやまず、遠心力は強まるばかりだ。自民党に対抗する勢力を築くはずなのに、うまく進まないのはなぜか。はたして打開策はあるのか。

前原氏と枝野幸男元官房長官で争われた民進党代表選は、それなりに注目を集めた。保守・中道の前原氏とリベラル・中道の枝野氏は、党内の潮流を代表する論客だし、「代表選後は一致結束」を確認して、党内対立には終止符を打つという機運も生まれかけていた。

ところが、前原氏が描いていた「山尾幹事長構想」が崩れ、前原氏の代表選を取り仕切った大島氏が幹事長に就いたことで、「露骨な論功行賞人事。知名度の低い大島幹事長では党の人気は上がらない」といった不満が噴出。離党を公言する若手議員も出始めた。