スタートトゥデイのナンバー2として、前澤友作社長を支える栁澤孝旨副社長兼CFO(最高財務責任者)。成長スピードが加速する中、今後の戦略について聞いた。

スタートトゥデイ副社長兼CFO 栁澤孝旨 (やなぎさわ・こうじ)旧富士銀行、みずほ証券などを経て、2006年にスタートトゥデイ常勤監査役。08年取締役就任。09年からCFOを務め、17年4月から副社長兼務。(撮影:今井康一)

──今年4月から、CFOに副社長の肩書が加わりました。

今年度から前澤がプライベートブランド(PB)の立ち上げに力を入れ始めており、会社で不在がちになってきた。誰かが会社全体を見ておく必要があるため、私が副社長のポストに就くことになった。ただ、これまでとさほどやることは変わっていない。

──PBを立ち上げると、「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」に出店しているブランドと競合するのではないでしょうか?