政府が国家公務員と地方公務員の定年を65歳に引き上げる検討を進めている。公務員の公的年金制度は支給開始年齢が段階的に65歳に引き上げられる途上にある。今回の動きは雇用と年金の接続が主眼とも思えるが、…