2回の核実験を行った2016年に続き、17年も北朝鮮による軍事的な挑発行為が止まらない。ミサイルは今年、すでに13回も発射している。

2006年の初の核実験以降、国際連合は北朝鮮の軍事的挑発に対して経済制裁を科し、強化してきた。それでも金正恩(キムジョンウン)政権は5年間で5回の核実験を行い、ミサイル発射もやめない。8月29日には日本列島を越えてミサイルを発射し、日本に混乱を生じさせた。

北朝鮮を抑える現実的な戦略が必要

では、脅威とされるミサイルはどの程度のものなのか。自衛隊で海将を務めた伊藤俊幸氏は「制御技術など未熟で武器とは言えない」とする。ただ、今後もミサイル開発を続けていけば、将来的には国際水準に達するかもしれない。そうなると、米日韓3カ国は深刻な脅威に直面することになる。