会計の基礎をPART1でひととおり学んだところで、PART2では企業の決算書を使って、実際の経済ニュースを読み解いてみよう。

足元の1年間の経済ニュースを振り返ると、マクロ経済では明るい話題が多かった。日本企業の経常利益はリーマンショック後からの回復が続き、足元は過去最高を更新。上場企業の稼ぐ力を産業別で見ても、かつて不振が目立ったエレクトロニクスが復調。2017年度は全産業が利益を積み上げる見込みだ。

ただ、経常増減率ランキングを見ると、企業によって明暗が分かれた。これは、個別企業の経済活動の結果によるもので、その浮沈がニュースに表れる。

上の年表は、この1年間で新聞をにぎわせた重大企業ニュースをまとめたもの。注目すべきは各企業を取り巻く「数字」だ。会計の視点で数字を深読みすると、企業の思惑や等身大の姿が見えてくる。