私は2006年から11年までいた楽天で、全社員が参加する全体集会において、常務以上の役員の話の「ネタ作り」を任された時期がありました。そこでネタに選んだのが、ITを中心とする企業の「決算」でした。競合他社の決算を分析し、サービス動向や経営戦略を読み解く。その習慣は、楽天を辞めて米シリコンバレーで起業した今も続いています。

自身がかかわるビジネスの状況をいちばん簡単に知る方法。それが決算です。決算を通じて会社の「数字」を仕事に生かす「知識」に変換する。そのスキルについて、『MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣』という本にまとめました。以下では、拙著から決算を読む「習慣」を紹介します。あくまで我流ですが、ビジネスマンにとって重要なのは、自分なりの決算を読む習慣を身に付けること。ぜひ参考にしてください。

習慣1 決算説明会資料から読み込む

決算というとまず登場するのが、企業の「決算短信」や「有価証券報告書(有報)」といった決算書です。もちろんそこには重要な情報が網羅されていますが、決算短信や有報はとにかく文字が多く、初心者には読みにくいもの。取っ付きやすい資料として私が勧めたいのが、会社が決算説明会で利用する「決算説明会資料」です。

説明会資料はグラフなどビジュアル的な要素が多く読みやすいものです。企業ホームページに掲載されています。さらに細かい情報を知りたい場合、決算短信や有報に当たればいいと思います。

習慣2 ビジネスの構造を数式化する