鋼材市況が急回復し、内外需活況で製鋼はフル生産体制だ

「今下期には収益の実力を上期の倍まで引き上げる」──新日鉄住金の榮敏治副社長は語る。

同社は今期、前期比72%増の3期ぶり経常増益を計画。上期は在庫評価益など一過性の利益計上もあるが、下期は“実力値”で大幅回復を見込む。「需要環境は好転し、生産すれば売れる状況だ」(榮氏)。

日本の鉄鋼業界は2015年度後半から16年度前半にかけて、中国の内需低迷と安値輸出による鋼材市況暴落の影響をモロに受け、業績が急悪化した。

だが、その後は鋼材市況が急回復に転じた。世界の粗鋼生産量の半分を占める中国が過剰生産能力の削減に本腰を入れたうえ、中国の内需が復活して鋼材輸出が減少したためだ。16年度下期の原料炭価格高騰も、製品の値上げでようやく吸収。日本の内需も自動車や建設向けに堅調で、業績回復が本格化してきている。