20代女性などに人気の、写真共有SNS「インスタグラム」。今、多くの企業が販促に生かそうと試行錯誤している。

今年の夏休みも活況を呈したハワイ旅行。旅行大手のエイチ・アイ・エスには、通常より価格が2割高いにもかかわらず、「参加者数が想定を超えている」(会社側)という旅行商品がある。今年3月に発売した、インスタグラムへの写真投稿を目的としたツアーだ。当初はハワイを含む5方面のみの催行だったが、好調な売れ行きを踏まえ、8月時点で10方面まで拡大した。

インスタグラムの国内ユーザー数は1600万人を超えた。写真が主役ゆえ、ユーザーはカラフルな食べ物や風景を撮影。美しい写真で「インスタ映え」を狙う。写真投稿のために話題の飲食店やスポットに出向く、といった消費行動が生まれている。

インスタでの拡散が狙い

外食大手のすかいらーくが目をつけたのは、パンケーキだ。インスタグラム上で検索すると200万近い写真が出てくるほど、撮影対象として人気を博す。

6月、同社が横浜・本牧に開業したハワイアンレストランでは、パンケーキを看板商品に据えた。上に彩り鮮やかなフルーツを並べたほか、ホイップクリームをうずたかく盛り付けた。「SNSでの拡散は、どんな口コミよりも早い。商品の企画では色合い、素材、ボリュームを意識している」(マーケティング本部の上野茂樹氏)という。