記者会見で合併延期を説明する出光と昭和シェルの両首脳(撮影:尾形文繁)

昭和シェル石油との合併計画を進める出光興産の経営陣と、1年以上対立を続ける出光の創業家。昨年に続き今年6月末の株主総会でも、経営陣側の取締役選任に反対した。その際、根拠の一つに挙げたのが「在庫影響を除いた営業利益は前年度を下回っている」という出光の業績への疑問だ。

この発言の意図を理解するには説明がいるだろう。出光の2016年度の営業利益は1352億円と、その前の期の196億円の赤字から急回復した。それなのになぜ創業家は批判したのか。その理由は、業績回復の主因が図表1のように「在庫評価損益」にあるからだ。

[図表1]

石油会社の決算に大きな影響を与える在庫評価損益とは何か。その仕組みを簡単に示したのが図表2である。単純化のため、為替影響を無視し、原油価格が下落する局面でのケースで説明する。