リニア中央新幹線の営業用車両「L0(エルゼロ)系」、山梨実験線で走行中(撮影:尾形文繁)

東海道新幹線と並ぶ新たな大動脈、リニア中央新幹線の建設が始まった。リニアは時速500kmで走行し、完成すれば東京─名古屋間が40分、東京─大阪間が67分で結ばれる。

九州新幹線や北海道新幹線のような、国が建設してJRに貸し付ける整備新幹線とは違い、リニアはJR東海自身が事業主体。2027年末に品川─名古屋間を先行して開業させ、その後に大阪へ向けて延伸工事を始める予定だ。

品川─名古屋間の総事業費は5兆5235億円。大阪延伸まで含むと約9兆円の巨額投資となる。

総事業費は内部留保や借入金で賄うが、債務過多の状態を避けるため、長期債務残高は5兆円以内という縛りを設けている。同社は1991年度末の長期債務残高5.4兆円を15年度末に1.9兆円まで減らした。この経験から、5兆円までの債務なら減らせるという自信がある。

しかし、一気に大阪まで建設を進めると長期債務残高が5兆円を超える。そのため27年に名古屋開業を果たした後、10年程度は工事せず、債務をある程度減らした後で、大阪延伸に向け工事を始める計画にしている。工事を2段階にしたのはこうした理由による。

では、これだけの巨大プロジェクトは採算が成り立つのか。