特異な形状に対する悲観的な下馬評を覆し世界的ヒットとなったスイッチ(撮影:田所千代美)

今年3月の発売以降、大ブームを巻き起こし、好調な売り上げを維持する「ニンテンドースイッチ」。任天堂の業績にどのような影響を及ぼすのか。

7月に発表された任天堂の2017年度第1四半期決算を見ると、売上高は1540億円と前年同期比で148%増加。営業利益は赤字だった前年同期から黒字転換を果たした。とはいえ、営業利益率は約10%。同じゲーム業界で、日本最大のスマートフォンゲーム『モンスターストライク』(モンスト)などを手掛けるミクシィの営業利益率40%を大きく下回る。

下図は両社の損益計算書から費用構成をグラフ化したもの。ミクシィに比べ、任天堂は売上原価の比率が高いことがわかる。