「ガリガリ君」や「あずきバー」といった氷菓の売れ行きが苦戦している

20日超にわたって雨に見舞われた首都圏。40年ぶりともされる長雨が、8月の消費を直撃している。

「ガリガリ君」シリーズなどの氷菓を販売する赤城乳業は長雨の影響で7月下旬〜8月中旬の売り上げが前年比10%超減に沈んだ。井村屋も主力氷菓「あずきバー」が前年比若干のマイナスに。乳成分が多く含まれるアイスクリームは堅調を維持するが、最高気温が30度を超えるとよく売れる氷菓の苦戦が目立つ。

飲料も不調だ。サントリー食品インターナショナルは「ヨーグリーナ&サントリー天然水」などが好調で、7月の国内販売数量は過去最高となり、前年同月比11%増を記録。だが、長雨の影響で、8月中旬までの販売数量は前年を割った。「7月の勢いが続くことを期待していたのに残念」(会社側)。

最繁忙期を迎えたビールも「稼働日が1日少なかったこともあるが、20日までの販売は2ケタ減」(キリンビール)。

こうしたあおりを食っているのがスーパーだ。都内地盤の大手スーパーは「アイス、冷やし中華の売り上げが軒並み約2割減った。飲料もスポーツドリンクを中心に1割以上落ちている」という。マルエツなどを傘下に抱えるユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスも「これだけ天候が悪いと、熱中症対策などの企画が響かず、集客につながらない」と嘆く。関東の上場スーパーはほとんどが前年割れになりそうだ。