バージニア州シャーロッツビルでのデモの様子。白人至上主義者が南軍旗を掲げていた(ロイター/アフロ)

米国の“分断”が止まらない。

8月12日、米南部バージニア州シャーロッツビル。デモを行っていた白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン(KKK)」や「ネオナチ」などと、これに反対するグループが衝突した。死者1人、負傷者19人を出す惨事となった。

白人至上主義者たちのデモは、南北戦争で奴隷制度の存続を主張した南部連合国側の指揮官だった、リー将軍の銅像撤去への抗議だった。2015年6月、サウスカロライナ州の黒人教会で起こった銃乱射事件を機に、人種差別の象徴とされた南部の軍旗や銅像を撤去する動きが広がっていた。

今回のデモでは、反対派の列に車で突っ込んだ白人至上主義者の男が逮捕された。だがトランプ大統領は、「双方に非がある」との立場を固持。批判の声が共和党内外から飛んでいる。

そんな中、米製薬大手・メルクのケネス・フレージャーCEO(最高経営責任者)や、インテルのブライアン・クルザニッチCEOなど財界の要人が、大統領の助言組織である製造業評議会からの離脱を次々と表明。大統領は16日、同評議会を含む二つの助言組織の解散に追い込まれた。

「(企業は)人種差別主義者と手を組んでいるように見られたくないのだろう」。前出の反対派デモに参加した、アフリカ系で奴隷制度に詳しいリサ・ウールフォーク・バージニア大学准教授は、そう分析する。

現場では、オルト・ライト(白人ナショナリズムを信奉する新極右)や白人至上主義者らが、南軍旗やナチスの旗を掲げた。半自動小銃で武装した人や、「米国を再び偉大な国に」と書かれたグッズも見受けられた。ウールフォーク氏曰(いわ)く、「米国を再び偉大な国に」はあくまで「白人にとって」のスローガンだ。

「丸腰の反対派に車で突っ込む行為は、テロリスト同然だ」。デモ当日、反対派に居場所を用意したバージニア大学のウォルター・F・ハイネッキ准教授は憤る。「反移民・反有色人種という毒性の菌が解き放たれ、全米に広がり始めている」と警告する。