東京・お台場に、再びガンダムが帰ってくる。2009年に初めて姿を現して以来、お台場の名物として親しまれてきた実物大ガンダムの立像。今年3月に撤去されたが、装いを新たにしての“世代交代”が行われる。

09年にお台場で展示された「RX-78-2」は、1979年にテレビ放映が始まったシリーズ1作目『機動戦士ガンダム』(ファーストガンダム)がモデル。対して今回設置される「ユニコーンガンダム」は、10年のアニメ作品『機動戦士ガンダムUC』に登場している。

1979年に放映された『機動戦士ガンダム』©創通・サンライズ

誕生から38年を経ても、ガンダムは多くのファンを魅了し続けている。バンダイナムコホールディングス(バンダイナムコ)におけるガンダム関連の売上高は743億円(17年3月期)。キャラクター別売上高を開示し始めた08年3月期の509億円から、46%増の成長を見せている。

ガンダムのIP(知的財産)は、玩具やゲーム、アニメ制作など多面展開がなされている。一つのIPを使い、多様な事業を展開する「IP軸戦略」がバンダイナムコのビジネスモデルとなっている。

8月19日にはガンプラ(ガンダムのプラモデル)販売の旗艦店「ガンダムベース東京」がお台場にオープンした。ガンプラを中心に2000種類の商品を扱い、開店前には限定品を目当てに約300人のファンが行列を作った。

8月にオープンしたガンダムベース東京(撮影:梅谷秀司)

バンダイの藤原孝史執行役員は「ガンダムベースの開設で、立像と合わせて世界に魅力を発信していきたい」と意気込む。バンダイの狙いは、外国人観光客の取り込みにある。ガンプラ売上高の3割強は海外向けとなっており、アジア圏で人気がある。香港やシンガポールでイベントを展開するなど、人気は海を越えている。

2015年に香港に設置された立像 ©創通・サンライズ