上司との業務連絡でLINEやSNSを使っているのですが、彼女との関係などを聞かれて困っています。答えないといけないのでしょうか? やめてもらうことは、できますか?

答える必要はありません。また、やめてもらうように言うこともできます。今回のご相談のように、上司や経営者とLINEやSNSでやり取りをしていると、上司にその気がなくても部下に対しプレッシャーを与えてしまうことがあります。業務時間と時間外の区別があいまいになり、業務終了後に業務連絡を入れてしまうことがありがちです。

イラスト:シライカズアキ

このような場合はパワーハラスメントになる可能性があります。厚生労働省が定めるパワハラの類型には、「個の侵害(プライバシー侵害)型」があります。こうした形でパワハラを受けた場合、上司に対し、問題がある(パワハラになる可能性がある)ことをやんわりと伝え、控えてもらいましょう。それでも収まらない場合は外部機関に相談してみるのも手です。

たとえば、法務省の「みんなの人権110番」、厚労省の「総合労働相談コーナー」で相談をすることができます。法的な対応が必要な場合には、弁護士に相談できる「法テラス」に問い合わせることをお勧めします。精神的に追い詰められて苦しい場合には、厚労省の「こころの耳」というウェブサイトにアクセスして、相談してみることをお勧めします。

メールを誤送信して、ある取引先に別の顧客の個人情報を漏らしてしまいました。私にどんな責任が及ぶのでしょうか?