今年3月下旬の刊行だから、かなり前の話になる。「清朝の興亡」を書き綴った拙著を、勤め先の同僚に献呈した。さっそくご高覧いただき、「巻措(お)くあたわざる面白さで、一気に読了しました」と特に過分のコメントもくださった。

書き手の冥利に尽きる話で、こう言われると、多分にお世辞とわかっていても、つい自慢したくなる。うれしさあまっての一文、またまたお見苦しい次第、どうかご海容くださりたい。

同僚のいう「面白さ」は、18世紀前半の中国、清朝第五代皇帝・雍正(ようせい)帝の打ち出した行政改革にある。なかんずく「貪官汚吏発生の防止策として」、手厚い勤務地手当を支給し、「『養廉銀』という身もフタもない」ネーミングをしたくだりらしい。

汚職腐敗の防止策

そのためしばらく経ち、浮かれた心も落ち着いてくると、少し考え込んでしまった。手放しで喜んでよいものかどうか。

雍正帝が職務に応じ、「廉潔を養う」ための手当を一律に支給したのだから、部下の官僚たちは、ほとんどが汚職腐敗していたわけである。まったく同僚のいうように「身もフタもない」言い回し、皮肉たっぷりの命名であった。逆にいえば、「養廉銀」という称呼が、何よりも当時の社会状況をよくあらわしている。

雍正帝の改革、それにまつわる史実関係、あるいは「養廉銀」という用語は、わが中国史学では、ごくあたりまえの知識である。おそらく知らない専門家はいない。