馬券発売が禁じられる中国の競馬が、いま変貌を遂げようとしている。その主役を担うのは、中国国内の富豪たちだ。彼らはサラブレッドを大量に輸入して自ら競馬を開催。「反腐敗」で引き締め一方の習近平体制の下で、中国独自の競馬を模索している。

「五星紅旗呀~!」(中国国旗だ)。3万人以上の観客から驚きと喜びの声が上がった。ジンギスカン廟がある内モンゴル自治区烏蘭浩特(ウランホト)から高速道路で約2時間、科爾沁(ホルチン)右翼中旗(科右中旗)の莱徳競馬場で7月6日から4日間開催された「国際競馬文化観光週間」の初日のことである。

莱徳競馬場は収容人員3万人を優に超える

この日、「“一帯一路”国際騎手招待競走」と銘打った5レースが行われ、オーストラリアやニュージーランド、南アフリカ、日本から騎手7人が遠征して出場。競走は莱徳競馬場所属の地元騎手と騎乗馬とで行われたが、日本代表の千田洋(東京大井競馬)、藤井勘一郎(フリー)、オーストラリアとニュージーランド代表がそれぞれ1勝。地元騎手との技量の差を際立たせた。「馬は調教によってまだまだよくなると思う。しかしレベルは考えていたより上だった」「競馬場、スタンド、観客の多さは想像をはるかに超えていた」。中国競馬は初体験の日本代表騎手3人は口をそろえた。

国策「扶貧」の一環 民間企業唯一の生存法

7月に開催された自治区成立70周年記念競馬では、外国騎手招待競走も行われた

今回の「国際競馬文化観光週間」は、内モンゴル自治区成立70周年を記念して共産党地方委員会と地方政府が主催した。だが、競馬開催の一切を取り仕切るなど、実質的な主催者は、2006年に創立され、競馬場の別称ともなっている「莱徳馬業集団(Rider Horse Group)」。その総帥が郎林氏(49)だ。

中国競馬界の風雲児である郎林氏は愛馬のモンゴリアンカーンで南半球の大レースを制覇した(大陸賽馬網提供)

郎氏は吉林省の国営企業幹部から独立して始めた飲食業が成功。馬好きが高じて同省長春市郊外で馬術クラブを経営中に、科右中旗政府から馬による地方振興を持ちかけられ創業した。以降、競馬に加え在来馬との種付けを含む馬生産と育成、飼料生産販売などを中心とする一大企業を築いた。