(イラスト:ソリマチアキラ)

8月初旬、スコットランドで開催されたメジャー全英リコー女子オープン。会場は海沿いのキングスバーンズGL。景色は抜群の美しさ。でも夏なのに肌寒く、一瞬で豪雨や強風が襲い、容赦なく自然条件が変化します。

そんな中、世界の強豪がメジャーに集結し、日本勢は7人が出場して5人が予選通過を果たしました。最高順位は鈴木愛プロの14位で、来年度の出場権を獲得。また、初出場の川岸史果プロは最終日に66で回り、23位に追い上げました。

さて、大会と並行して各国女子プロゴルフツアー代表も集まり、世界会議が行われました。主な議題は、各国ツアー大会ごとに配分が異なる、世界ランキングポイントです。オリンピック代表選手は世界ランキング順に決定されるので、各国とも自国大会のポイント配分を少しでも高くしようと必死に発言します。最高ポイントを獲得できるのは世界メジャー。次に米国ツアー大会。3番目に日本ツアーと韓国ツアーの各大会です。

ポイント配分はフィールドの強さ、つまり選手層の強さで決まります。現在、世界ランキングで100位以内の選手を最も多く占めるのは米国女子ツアー。なので、ポイント配分が一番高いです。その次に日本女子ツアー。ほぼ並んで韓国女子ツアーとなります。ついで欧州女子ツアーや中国女子ツアー、そして台湾女子ツアーとオーストラリア女子ツアーが続きます。したがって、自国選手の強さを最もアピールできる機会が世界メジャー。世界各国のトップ層が出場しますので、自国選手が世界メジャー大会で上位に食い込むことで自国が強いフィールドだと主張できます。