自然言語処理 【しぜんげんごしょり】

英語、日本語などの言語を、音声やテキストの状態で人間と同等に理解・処理する技術。文脈や行間まで読めるように開発が進められている。

「アレクサ、今日の天気は?」「〇〇地域の天気は晴れのち曇り、最高気温は……」。アマゾンのAI音声アシスタント「アレクサ」を使うユーザーの投稿動画では、人とAIのあらゆる会話が垣間見られる。

2014年、アマゾンがアレクサを搭載したスピーカー端末「エコー」の初代機(写真左端)を投入して以降、この市場にIT業界の巨人が次々参入している。直近ではアップルが「ホームパッド」(写真中央右)を今年12月に発売すると発表。グーグルは16年11月「グーグルホーム」(写真中央左)を投入し、年内の日本上陸も予定する。

続々登場する製品は、どれもシンプルなスピーカー型。リビングの中心でより多くの会話に触れ、データ蓄積するのがミッションだ

その日本市場では、メッセンジャーアプリのLINEが先手を打った。親会社NAVERと共同開発している音声認識AI「クローバ」を搭載した端末「ウェーブ」(写真右端)について、音楽再生の操作などに機能を絞った先行体験版の予約販売を7月に開始した。

家事や運転の最中はスマホも未開拓