(撮影:今井康一)

自動化技術はアポロ計画を先例に

米エヌビディアの半導体・GPUを使ったスーパーコンピュータは今でこそ珍しくない。だが、2008年にわれわれがスパコン「TSUBAME(ツバメ)」にGPUを搭載したときは、かなりクレージーな取り組みだと言われた。

僕は合理的に考えた当然の帰結として、GPUを選んだだけ。超並列コンピュータという技術トレンドがあって、同時に普通のCPUの超並列化には限界があるとわかっていた。だから「なぜ挑戦したのか」と聞かれると、「当然のことだったから」としか言いようがない。

物の見方が人と違う理由を強いて挙げるなら、ずっとコンピュータをやっているから、だろうか。中学生で独学で学び始めて以来、物理学や計算機のさまざまな法則が、定量的な理解としても体得した感覚としても身にしみ付いている。