「賢い建設現場」をプラットフォーム化

コマツは業界でいち早く、建設機械のスマート化や、ドローン(赤丸中)の導入に取り組んできた

建設機械で国内首位、世界でも米キャタピラーに次ぐ2位(いずれも売上高)を走るコマツ。これまで、GPS衛星を使った機械稼働管理システム(KOMTRAX)や、鉱山での無人ダンプトラック運行システム、生産設備をIoT(モノのインターネット)でつなぎ工場全体を可視化するなど、情報通信テクノロジーを活用して業界をリードしてきた。

自前主義から脱却しオープン化で革新

その一連の戦略が今、新たなステージに入ろうとしている。キーワードは「オープン化」だ。

コマツは7月、NTTドコモなど3社と共同で新たなクラウド型プラットフォーム「LANDLOG(ランドログ)」を10月に立ち上げると発表。「これまで自社で企画・運営してきたIoTのクラウドをオープンな環境で整備する。業界の枠を超えた幅広い知見を集めることで、建設現場のイノベーションを一気に加速したい」。大橋徹二社長兼CEOはそう狙いを語った。

同社は2015年2月から業界に先駆け、独自のクラウドを活用した建設業者向けICT(情報通信技術)ソリューションサービスを「スマートコンストラクション(スマコン)」の名で展開。ドローンを使った測量やICT建機による施工など、土木工事プロセス全体の3次元データを独自のクラウド「コムコネクト」で一元管理し、工事現場の「見える化」と効率化を実現するもので、すでに国内の約3300現場で導入している。