YouTubeをはじめ、後に大きく成長するウェブサービスには、黎明期から大量の日本人ユーザーを抱えていたという共通項がある。日本人にある種の先見性のような感性があるのは、単純に子どもっぽい集団だから…