1946

世界初のコンピュータ「ENIAC」完成

コンピュータはもともと、「計算手」という職業を指す言葉だった。大規模な計算を分担して処理する仕事で、今のプログラマーに近い。計算を機械で自動化する構想は第2次世界大戦前からあったが、実現したのは終戦翌年の1946年。米陸軍が戦時中、大砲の弾道計算用に設計した「ENIAC(エニアック)」が完成した。世界初のコンピュータとされている。

世界初のコンピュータ・ENIAC(GRANGER.COM/アフロ)

ENIACは真空管1万8000本を使用。1秒で5000回の計算処理が可能で、それまで15分かかっていた弾道計算が30秒弱で済むようになった。ただし横幅が24m、総重量が27tもあり、軍事利用にとどまった。

50年代はメインフレームと呼ばれる産業用の大型コンピュータが、米IBMや米GE(ゼネラル・エレクトリック)などから相次いで登場。コンピュータ科学者の間でAI(人工知能)が論じられるようになったのもこの頃だ。

IBMが64年に発売した「システム/360」は、システムの拡張が容易だったことから大ヒット。その余波で開発技術者が不足する「ソフトウエア危機」が起こり、ソフト工学が芽生えた。

次の転換点が、米インテルが71年に発売した世界初のマイクロプロセッサー(現在のCPU、演算処理を行う半導体)、「4004」だ。日本の電卓会社ビジコンとの共同開発で、大きさは指の先ほど、計算性能は約6万回/秒と、ENIACからわずか四半世紀で驚異的な進歩を遂げた。

続く74年の「8080」は、米MITSの世界初の個人向けコンピュータ=パソコン、「アルテア8800」に搭載された。ビル・ゲイツとスティーブ・ジョブズがコンピュータ産業に入るきっかけとなった伝説の端末だ。

現代のCPUは、計算性能が1秒当たり100億回以上。電力消費量は通常のデスクトップパソコンならENIACの1000分の1になっている。

この技術進化は、「半導体の集積率は18カ月で2倍になる」というムーアの法則で知られる。半導体の性能は、同じ面積の半導体ウエハ上にトランジスタ素子をいくつ構成できるかによる。その集積率が高いほど性能は上がる。

インテルの共同創業者ゴードン・ムーアが経験則として語ったものにすぎないが、企業は「より小さく、集積度をより高く」という微細化競争に心血を注ぎ、おおむね法則どおりになってきた。

あと10年で進化が止まる

ところがこの黄金法則が今、終焉を迎えつつある。集積率の向上に伴うコストが膨らみ、物理的に実現できても投資を回収できなくなってきたのだ。科学者の間では、従来の半導体を使ったコンピュータはあと10年で終わるというのがほぼ共通の見解。今の論点は、「次世代のコンピュータは何か」だ。