最期まで住み慣れた自宅で、という選択が難しい場合にどうするか。介護が必要になってから探すのは、身体的・精神的にも負担が大きい。正常な判断ができなくなっているかもしれないし、満足できなくても選ばざるをえない状況かもしれない。自宅では不安や困難があると予想できるのであれば、元気なうちに「終(つい)の住処(すみか)」選びをしておきたい。

選択肢としては、高齢者向けの分譲マンション「シニアマンション」や、友人・仲間などと一緒に暮らすシェアハウスなどもあるが、いま主流なのは「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」と有料老人ホームだ。

サ高住は2011年から制度が始まった。バリアフリー化された高齢者向け住宅で、約22万戸の供給がある。最低限、安否確認と生活相談サービスが義務づけられている。大きくは「特定施設」とそれ以外に分けられる。特定施設では、施設の職員らによる介護サービスを包括的に受ける。非特定施設では外部の介護事業者と個別に契約して介護を受ける。

有料老人ホームは「介護付き」と「住宅型」に分けられる。サ高住の特定施設と同じく、介護付きの場合は施設による包括的ケアを受け、住宅型では個別に事業者と契約する。サ高住とホームの主な違いは下表を参考にしてほしい。とはいえ、制度や名称だけでは実態はわからない。特にサ高住の場合、最低限のサービスだけを提供するところから、24時間の医療・介護を手厚く提供するところまで幅が極めて大きい。