マンション販売の激戦区を首都圏の1都3県からセレクト。中古マンションでも評価の高い物件のランキングやエリアの相場、現地の最新情報をお届けする。

[ランキングの見方]

イエシル(リブセンス運営)のAI(人工知能)価格査定エンジンが、経済指標や地域動向、賃貸情報、売買履歴情報など約3000万件のビッグデータから算出。現在価格は各物件の推定価格で、売り出し価格ではない。評点は、坪単価や間取りのよさ、住環境、賃貸・売買履歴などをAIが近隣相場と比較、2.0~5.0点で評価。

(注)月島駅、勝どき駅、豊洲駅を最寄り駅とするマンションが対象。現在価格は70㎡換算(7月下旬時点) (出所)イエシルのデータを基に本誌作成

タワーマンションを中心に再開発が進む湾岸エリア。大きく分けると、中央区(月島・勝どき・晴海)と江東区(豊洲・東雲)の二つ。中央区ブランドは圧倒的に強く、上のランキングに入っているマンションはすべて中央区内だ。首位は「KACHIDOKI THE TOWER」。モデルルームや販売事務所だった部屋で値下げチラシも出たものの、人気は衰えない。

一部で値下げチラシも出たが評価は抜群に高い、KACHIDOKI THE TOWER

ステータスが最も高いのは、有楽町線、大江戸線が通る月島。1980年代、「大川端リバーシティ21」の着工を皮切りに再開発が始まった。8棟のタワーマンションが並ぶ大プロジェクトで、有名人が多数住むことでも話題になった。現在も再開発は続いている。

次は2005年の「THE TOKYO TOWERS」建設から本格的な開発が始まった大江戸線の勝どき。月島を上回る勢いでタワーマンションができ、その1階にスーパーなど商業施設が入って、生活面では月島よりも便利になった。

晴海は現在バスしかなく、アクセスが不便。現状では3位は豊洲だといえるだろう。豊洲には有楽町線とゆりかもめが通り、商業施設・ららぽーとがある。値段も手頃で街がきれいなため、若いファミリー層に人気だ。

写真左:DEUX TOURSWEST / 写真右:KACHIDOKI THE TOWER(撮影:尾形文繁)
勝どきビュータワー

湾岸中心に不動産店舗を展開するスタートラインの城田章・経営企画部部長は、「月島店では、月島→勝どき→豊洲の順番で探す客が多く、豊洲店では豊洲→東雲の順番で探す人が多い。エリアのブランドイメージもはっきりしている」と話す。規模を生かした物件が次々開発されるため、共用施設の充実度が重視され、ホテル並みのサービスも求められるという。交通アクセスの面ではやや不便だが、施設が豪華との理由で有明を選ぶ人も少なくない。

高層階は眺望のよさが必須だが、せっかく眺めのよい部屋を購入しても後からできた隣のマンションに視界を遮られるケースもある。それなら初めから眺望を捨て低層階を購入するほうが、価格を抑えられてよいとの考え方もある。

湾岸エリアには再開発余地のある未整備の土地がまだまだあり、今後の開発次第で、閑散地が人気エリアに大化けする可能性もあるだろう。「今後は東雲や潮見や辰巳辺りが面白くなるかもしれない」(Housmartの針山昌幸・代表取締役)。

市場移転問題がエリアに影を落とす