買い物客や訪日観光客でにぎわう銀座。中央通りから一歩内側に入ると、「建設用途 ホテル」との掲示のある工事現場があちこちに目立つ。

内外の高級ブランド店が軒を連ね、日本を代表する商業地の銀座に今、ホテル進出が相次いでいる。

大手不動産デベロッパーの森トラストは7月12日、銀座2丁目に開業するホテルを発表した。高級ライフスタイルホテル「エディション」を2020年春〜夏に、銀座と虎ノ門で同時に開業する。運営は米マリオット・インターナショナルに委託する。

「銀座の名声を上げる」

ライフスタイルホテルとは、日本でデザイナーズホテルやブティックホテルと呼ばれる分野。従来のホテルが設備の豪華さに照準を合わせているのに対し、デザイナーの感覚を生かすなど、より流行を重視したものとなっている。

大手チェーンでは米スターウッドホテル&リゾートの「W」、国内に展開しているブランドでは米ハイアット ホテルズ コーポレーションの「アンダーズ東京」がある。

マリオットはザ・リッツ・カールトンのような高級さとライフスタイルホテルという二つの特徴を兼ね備えたブランドとして、13年に英ロンドンにエディションを開業。現在は世界に4ホテルを展開し、今後13軒の開業を予定している。

エディションは、マリオット系としては最上級のブランドに位置づけられる。「最上級ブランドに見合う、最高水準の客室単価を期待している」(マリオットのアンソニー・カプア執行副社長)。価格は明らかにされていないが、1室1泊8〜10万円という水準もありえそうだ。

「銀座には富裕層が買い物をするような高級ブランド店はあるのに、泊まりたくなるホテルはない。こうしたホテルが銀座の名声を上げる」(森トラストの伊達美和子社長)

小ぶりでも高単価