京都の同志社大学神学部で行っていた「佐藤優氏と考えるキリスト教と現代社会」と題する集中講座(全4回、1回5時間の連続授業)が7月8日に終わった。この講義で私が狙った目的の1つが表現力の強化だ。神学部でもキリスト教の洗礼を受けていない学生が9割いるので、神学と教養の基礎を丁寧に教えた。講義は午後1時10分に始まるが、午前中に映画を上映し、それを講義で取り上げることにした。

第4回は「リーダーシップについて考える」がテーマで、『八甲田山』(東宝、シナノ企画、1977年、監督:森谷司郎)を上映した。原作の新田次郎『八甲田山死の彷徨』(新潮文庫、78年)も事前に配布し、読んでおくように指示した。

映画の筋自体は難しくない。1902(明治35)年1月に日本陸軍第8師団の青森歩兵第5連隊と弘前歩兵第31連隊が、来るべき日露戦争に備えて雪中行軍を行った。弘前から出発した第31連隊37人と東奥日報の従軍記者1人は無事に行軍を終えた。これに対して、青森から出発した210人からなる第5連隊は、199人が死亡した。第31連隊は少数精鋭で、しかも現地の事情に通暁した案内人を雇って行軍を行った。これに対して第5連隊は大所帯で、中隊長の神田大尉の指揮下で行軍するはずが、同行した大隊長の山田少佐も指揮をするために混乱が生じ、しかも案内人を雇わずに雪山を彷徨することになり、大きな犠牲をもたらした。

筆者は受講生に予備校の夏期講習で使うようなワークブックを配布してある。そこには以下の演習問題が載せられている。

〈問1:日清戦争後、日露関係が緊張した理由について述べよ。

問2:1901年に弘前第8師団が雪中行軍演習を行った理由について述べよ。

問3:青森歩兵第5連隊が雪中行軍に失敗した原因はどこにあるか。

問4:弘前歩兵第31連隊が雪中行軍に成功した理由を述べよ。

問5:リーダーシップについて簡潔に定義せよ。

問6:なぜリーダーシップは重要なのか。あなたの見解を記せ。【やや難問】

問7:アカデミズムにおけるリーダーシップについて、あなたの見解を記せ。【やや難問】

問8:教会におけるリーダーシップについて、あなたの考えを記せ。【やや難問】〉(佐藤優『2017年度同志社大学神学部特別講座「佐藤優氏と考えるキリスト教と現代社会」ワークブック』私家版、17年、26~27ページ)

問1~5は知識を問う問題だ。問6以降では、思考力が問われる。

「なぜリーダーシップは重要なのか。あなたの見解を記せ」という問に対する受講生の解答(筆記)をいくつか紹介する。

「指揮系統が極めて重要であり、指揮系統があいまいだと青森第5連隊のようにすべてが崩れてしまう」(1回生男子)

事実関係の指摘にとどまり、リーダーシップの重要性に関する認識が表明されていない。社会人でもこのようなずれた解答をする人が少なくない。

以下に紹介するのは、去年から筆者の集中講義を受講している学生だが、出題者の意図を完全に理解したうえで解答している。