2021年から「大学入学共通テスト」で、英語には民間の資格・検定試験が導入される。移行期間として24年までは現行のマークシート式も併存するが、その後は全面移行する。

今回の決定により、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を評価する教育がやっと実現する。4技能を測るテストでなければ信頼性がないというのが世界の常識だ。ところが日本ではいまだマークシート式の試験を使って間接的に書く力や話す力を測っている。

スピーキングの能力を測るのに出題されているのが、発音やアクセントの問題、会話文の穴埋め問題。だがそれができたとしても、実際に英語が話せるようにはならないのは明らかだ。また単語の並べ替えや文法の4択問題が解けてもアカデミックエッセーを書ける力はつかない。にもかかわらず、そうした問題が出されてきたことで悪い試験対策、つまりこれらの問題を解くためだけの特殊な「受験英語」が現場に広がっている。だからこそ早急に変える必要があった。

次の焦点は、どの検定試験が認定されるかだろう。英検やTOEFL iBT、IELTSなどが候補になっているが、国際通用性はあるか、どんな性格の試験か、学習指導要領に準拠しているかなどを確認して総合的に判断し、大学入試センターが認定することになる。

認定に当たり、筆者には注文したいことがある。一つは同センターが作成する2技能マーク式の共通テストも認定の対象としてきちんと精査されるべきだ。外部の検定試験には語学力の国際基準規格「CEFR」(記事下図表2)への準拠を求めているのに、共通テストは除くのではスジが通らない。