アクティブ・ラーニングを30年前から実践する躍進校

首都圏の進学校の中でも近年高く評価されているのが、千葉の渋谷教育学園幕張中学・高等学校だ。2017年の東京大学合格者は78人と全国3位。高校別の東大合格者ランキングでは12年以降、全国トップ10の常連校になっている。東京や茨城など隣接都県はもちろん、神奈川から通っている生徒もいるほどだ。

敷地内にはグラウンド2面、テニスコート3面、茶室などがあり、施設はかなり充実している

渋谷幕張の開校は1983年で、教育理念は「自調自考」。自らの手で調べて自らの頭で考える、つまり現在求められているアクティブ・ラーニングを30年前から行っているわけだ。

自ら学ぶためのツールとして生徒に毎年配られるのが、2cmほどの厚さがあるシラバス(授業計画)だ。授業の狙いや毎時間どのような内容をやるのかなどが、教科ごとに書かれている。