「めっちゃたいへん、だけどめっちゃ頑張っている、だから、めっちゃ楽しい」が生徒の合言葉だ

10年で評価急上昇、京都の公立御三家

「 10年あれば学校は変わる」。そう話すのは京都市立西京高校の岩佐峰之教頭だ。同校は2003年に商業高校から改称し、中学校も併設されている。

今年の京都大学の特色入試(推薦入試)で全国1位、6人もの合格者を輩出。教育、文、農、工などさまざまな学部に生徒を送り出した。一般入試でも3年前に9人だった京大の現役合格者数を今年28人に伸ばした。

京都の大手塾・京進の嶋田豊氏は、「合格実績を着実に積み上げている印象」と評価する。京都の教育関係者は、西京高校と堀川高校、嵯峨野高校の3校を「京都の公立御三家」と呼んでいる。

論文作成を通じてやりたいことを発見