本物の実践教育で突出した生徒育成

「学校改革で成功を収めている中高一貫校はどこか?」と教育関係者に尋ねると、真っ先に名前が出てくるのが広尾学園中学・高校だ。

東京・港区南麻布。地下鉄日比谷線の広尾駅から程近く、近隣にはオマーン大使館やノルウェー大使館などがある高級住宅街の中に校舎はある。かつて順心女子学園という名の女子校だったが、2007年に改称。共学にして進学校化した。今では東京大学などの難関校や国公立大学医学部、海外の名門大学に卒業生を出している。

港区南麻布という都心の好立地に校舎がある(撮影:今井康一)

しかしこの学校が評価されている理由は、進学実績だけではない。生徒を伸ばすための「本格的な学びを行う」教育方針にある。