「英語が身に付く」、「海外の一流大学進学への道が開ける」などのイメージから、国際バカロレア(IB)への関心が高まっている。IBは3歳から19歳までを対象とした、スイス発祥の教育プログラムの総称だ。中でも注目を集めるのが米ハーバード大学などの入学資格(IB資格)を取得できる、ディプロマ・プログラム(DP)である。

DPは日本の高校レベルの教育プログラムだ。学校教育法第1条に定められている学校(一条校)に限ると、実施校は全国に17。その一つである玉川学園の国際バカロレアプログラム担当の中谷晴彦氏は、「IB教育には日本式では得られない効果がある」と話す。

(注)国際バカロレア認定校のうち、学校教育法第1条に規定されている学校に該当し、ディプロマ・プログラム(DP)を実施している学校。◎は日本語DP実施校 (出所)文部科学省の資料を基に本誌作成

たとえば「東京都を英語で説明しよう」というトピックが与えられたとする。IB教育では東京都を英語で説明することが目標ではなく、このトピックから「何を学ぶか」が目標となる。