世界最大の自動車市場、中国。2016年の販売台数は2800万台を超え米国の1.6倍に達し、その座を不動のものにした。中国自動車工業会は20年までに年販3000万台超を計画する。

そんな巨大市場だが、日系メーカーの取り組みはこれまで後手に回っていた。下図に示すように、トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの販売台数は、中国市場が米国市場を下回っている。

しかし、米国の新車需要はピークアウトした。インセンティブ(販売奨励金)で下支えしているが、米国金利は上昇傾向。インセンティブ負担は日に日に増している。17年上半期の米国新車販売は8年ぶりに前年を下回った。「日系各社は米国から中国へ急激に舵を切らざるをえない」(モルガン・スタンレーMUFG証券の磯崎仁アナリスト)。

実際、16年に日系各社は中国で販売を伸ばした。日産8.4%増、トヨタ8.2%増。ホンダは24.0%増と大きく飛躍した。

中国で快走するホンダ。将来の電動化に向けた対応も急ぐ