(撮影:梅谷秀司)

「これは……」。記者にリリースを見せられた瞬間、総務省の自治税務局都道府県税課の担当官は絶句した。

そこには「外形標準課税(の負担)が株主価値を棄損させている。減資により負担軽減などのメリットを享受」できる、と書かれていたのだ(写真、一部略)。

(撮影:梅谷秀司)

このリリースを出したのは、ジャスダック上場でホテルを運営するレッド・プラネット・ジャパン(以下RPJ)。シンガポールに本社を置くレッド・プラネット・ホテルズの日本法人だ。RPJは3月29日に開催した定時株主総会で減資を付議。繰越損失を塡補し、さらに上場企業としては前代未聞の資本金1円を可決させた。

創薬ベンチャーのオンコセラピー・サイエンスは欠損塡補も行わず、資本金のみを0.5億円まで縮小。減資の理由を「税制上のメリットを享受」とし、欠損塡補をしない理由は「勘定科目間の振り替えにすぎない処置に意味はない」(経営管理部)と説明する。

従来、配当原資ともなる利益剰余金の赤字を塡補するため、減資を行う企業は多々あった。だが、RPJやオンコ社のように“節税目的”と、はっきり打ち出す減資は極めて異例だ。