ライドシェア業界の雄、米ウーバー・テクノロジーズの足元が揺れている。トラビス・カラニック最高経営責任者が6月20日、経済的苦境を訴えたドライバーをなじったことや社内のセクハラ問題などへの批判が増す中、辞任したと米紙ニューヨーク・タイムズが報じた。

同社のうたい文句とは裏腹に、待遇の悪さを訴えるドライバーの声は後を絶たない。ニューヨーク市では昨年5月、「インディペンデント・ドライバーズ・ギルド(請負ドライバー組合=IDG)」が発足。4万5000人超のライドシェアドライバーなどが加入し、その91%は移民だ。米紙によると、サンフランシスコでは全米トラック運転手組合が、カリフォルニア州のライドシェアドライバーの組織化を探っているという。昨年2月には、ニューヨークやフィラデルフィアで、多くのウーバーのドライバーがデモを行った。

昨年2月、ニューヨーク市でのウーバー運転手たちのデモ行進(Getty Images)

不安定な個人請負、全米で相次ぐ訴訟