中国は古来、儒教を信奉してきた。儒教は「礼教」という別名があるくらい、礼儀・マナーを尊重する。それが二千年間、政権のイデオロギーだった。

そんな中国を模倣したのが朝鮮半島で、「東方礼儀の国」という。20世紀の初めまで、少なく数えても朝鮮王朝の五百年間、礼儀の尊重では、おさおさ中国に劣らなかった。

そんな歴史をもつのなら、現代の中国・北朝鮮・韓国も「礼儀の国」であっていい。他国に対するエチケットをわきまえていて当然である。しかし現実はどうも、違うらしい。「礼儀の国」といっては、多分に違和感を覚えるだろう。

ミサイル発射と挑発・恫喝をくりかえす北朝鮮が典型であり、最たる事例は今年2月、他国の国際空港で暗殺事件を起こした所業である。どうも国家ぐるみの組織的な犯罪らしい。あまつさえ、マレーシア当局が捜査をすすめ、被疑者の身柄拘束を試みるや、自国にいるマレーシアの外交官に出国を禁じ、いわば「人質」にとってまで、事件をうやむやに葬り去ろうとした。そこには他国に対する敬意・礼譲など微塵も感じられない。

名実ともに大国になった中国も、他国に対する言動は粗暴・尊大である。たとえば一年あまり前のエピソード。2015年10月、習近平国家主席が国賓としてバッキンガム宮殿を訪れた。当時の中国をエリザベス女王が「非常に無礼だった」と評している。国家主席の護衛が英国側の警備に介入したり、赤絨毯の長さにクレームをつけたりしたからであろう。さすがに他国で人を殺(あや)めることはないけれども、相手に対する礼を欠く、という点、まったく変わらない。