「2036年までに20億人のユーザー獲得を目指す」と本誌の取材に語る、アリババグループ・ホールディングCEOの張勇氏(撮影:梅谷秀司)

世界のEC市場における2大巨頭といえば、アマゾンと中国のEC業界最大手であるアリババグループ・ホールディング(以下、アリババ)だ。

アリババの売上高は、2017年3月期1582億元(約2.5兆円)。アマゾンの約15兆円には遠く及ばないが、これはビジネスモデルの違いに起因する。アリババは商品を販売する出店者や個人から手数料を取る「マーケットプレイス型」。一方のアマゾンは自前で仕入れて販売する「直販型」が売り上げの大部分を占める。アリババもマーケットプレイス上での流通総額で見れば、約61兆円とアマゾンをはるかに上回る。年間利用者はアリババのほうが多い。

6月8日に開いた投資家向け説明会では、アリババが強気の計画を打ち出した。「18年3月期の売上高は前期比45~49%増になる。われわれは売上高の成長スピードをもっと加速させていく」(武衛〈マギー・ウー〉CFO)。この発言を受けて、同社の株価は急伸。アリババ株を約3割保有するソフトバンクグループの株価もこれに大きく反応した。