米国では音声認識端末で「アマゾン・エコー」の独走を許したグーグルが、海外展開に乗り出した。5月中旬の年次開発者会議ではAI(人工知能)スピーカー「グーグルホーム」を日本でも年内に発売することを発表(米国は2016年11月)。この夏以降、カナダや豪州、フランス、ドイツにも投入する。

AI(人工知能)スピーカー「グーグルホーム」

米国におけるAIスピーカーのシェアは、14年に初代機を発売したアマゾン・エコー(180ドル)が約7割と圧倒的だ。ただ、発売から半年でシェア2割強を占めるグーグルホーム(129ドル)も健闘といえるだろう。

ホームにはエコーと同様、広範囲の音声認識が可能なマイクが搭載されており、「OK、グーグル」と話しかけた後に具体的な質問をすると、答えを返してくれる。たとえば「職場までどれくらいかかりそう?」と問えば、グーグルマップで道のりや渋滞状況を検索し、所要時間を教えてくれる。エコーと同様に、外部アプリとの連携やスマート家電への接続も可能だ。