4月28日、アマゾン ジャパンが取引関係のある出版社に送ったある資料が業界で話題になっている。

「重要なお知らせ:商品調達および帳合取次との取引に関する変更について」──。アマゾンは今年6月末をもって、出版取次最大手である日本出版販売(日販)との一部取引を打ち切ることを決めた。取次とは出版業界における卸売業者のことで、資料にある帳合とは小売店と卸売業者の取引関係を指す。

アマゾン ジャパンが各出版社に配付した資料。取次最大手・日販との一部取引を打ち切ることを伝えた

アマゾンから日販へ書籍を発注する際には、日販に在庫がある書籍をアマゾンが仕入れるケースと、日販に在庫がない書籍を日販がいったん出版社から取り寄せてアマゾンが仕入れるケースがある。前者は「スタンダード発注」、後者は「バックオーダー発注」と呼ばれている。今回、アマゾンが打ち切るのは後者のバックオーダー発注だ。

なぜアマゾンはバックオーダー発注をやめるのか。メディア事業本部統括事業本部長の村井良二氏は、「読者が本を読みたいタイミングでお届けするのがいちばん重要。日販には長期で売れるロングテール商材を中心に在庫を増やすほか、バックオーダーの納期短縮を求めてきたが、われわれが求める水準に達さなかった」と説明する。

一方、日販の説明はまったく異なる。ネット営業部を管掌する大河内充常務取締役はこう言う。「当社は昨年から出版社と協力し、バックオーダーの納期短縮に取り組んできた。8日のところを4日、あるいは2日に短縮できる出版社が多くなり、アマゾンともこの流れを拡大しようと話していた。それなのに、突然バックオーダーを中止すると一方的に言われた」。

アマゾンが進める取次業者の中抜き