竣工まもない本社ビル「DAY1」。ジェフ・ベゾスCEOはじめ、主要幹部がここにそろう

デジタルミュージック事業部担当 副社長 スティーブ・ブーム

「音楽ユーザーは 継続率が高い」

Steve Boom●2012年アマゾン入社。音楽事業のグローバル戦略、製品開発、ライセンシング、マーケティング、ビジネス開発などすべてを統括。アマゾン入社前は米国ヤフーに10年間在籍。

「プライム・ミュージック」は、他社の音楽ストリーミングサービスとまったく違う。当社のサービスはコアな音楽ファンよりも、もっと一般的な人々をターゲットにしているからだ。配信曲数は約200万と決して多くないが、多くの人が聴きたいと思う曲がある。ほかにも追加料金を支払わずとも広告なしで聴けたり、ダウンロードできたりする機能もある。結果として、プライム会員の中で音楽サービスを使っているユーザーは会員の継続率が高くなる傾向がある。

ただ一部の会員には、追加料金を払ってでもより多くの曲を聴きたいというニーズもあった。そのため、昨年10月に「アマゾン・ミュージック・アンリミテッド」というサービスを開始した(注:日本は未対応)。プライム会員は月額7.99ドルもしくは年間79ドルの追加料金を払えば数千万曲を聴けるほか、(音声認識端末の)「アマゾン・エコー」と連動している。非プライム会員向けにも月額9.99ドルで提供している。

日本はまだストリーミングサービスが普及しておらず、楽曲を提供するアーティストが欧米に比べ圧倒的に少ないことが課題だ。アマゾンがあらゆる面のハードルを下げ、先頭に立ち市場を広げていきたい。

(聞き手・本誌:長瀧菜摘)

 

オーディブル 創業者兼CEO ドナルド・カッツ

「1年で26億時間 DL(ダウンロード)されている」

Donald Katz●1974年米ニューヨーク大学卒業。ジャーナリスト、作家活動を経て1995年オーディブル創業。同社は99年上場、2008年アマゾン傘下に入る。

あらゆるジャンルの本の朗読をアプリ1つで聴くことができる定額制サービス「オーディブル」には、現在数百万人の会員がいる。われわれは1995年に創業し、今は米国、英国、ドイツ、フランス、豪州、イタリア、日本の計7カ国で事業を展開している。