【今週の眼】小峰隆夫 大正大学地域創生学部教授
こみね・たかお●1947年生まれ。東京大学卒。経済企画庁経済研究所長、物価局長、調査局長、国土交通省国土計画局長などを経て、2017年4月から現職。日本経済研究センター理事・研究顧問も務める。著書に『人口負荷社会』『日本経済論の罪と罰』『政権交代の経済学』など。(撮影:尾形文繁)

官僚のあり方を考えさせられるような出来事が相次いでいる。その中で、次の二つについて私は漠然とした違和感を覚えた。

一つは、5月に経済産業省が次官・若手プロジェクトの成果として「不安な個人、立ちすくむ国家」という報告書を公表したことだ。これは「中長期的な政策の軸となる考え方を検討し、広く世の中に問いかける」ことを目指したものだという。

もう一つは、文部科学省の前事務次官の発言だ。前事務次官は「獣医学部新設問題で行政が歪められた。それを見逃したことに忸怩(じくじ)たる思いがある」と述べている。「体を張ってでも阻止すべきだった」と言う人もいる。

本稿を書くに当たり、なぜ私が違和感を覚えるのかをあらためて考えてみた。

私は約35年間、政府(経済企画庁)で官僚生活を送ってきたのだが、官僚には二つのタイプがあると感じていた。一つは「国士」タイプである。「自分たちが国を動かしているのだ」という使命感と誇りを持ち、自らが政策をリードしていくというタイプだ。