法学系は難関大が上昇、数学に強い系統も伸びる

今春も文系学部の志願者が増えたが、要因は好調な就職状況にある。大学通信の調査による2016年卒の文系学部の平均就職率は、就職に有利な資格が取得できる社会福祉系を除くと商・経営系が87.6%と高く、比較的就職に弱いとされる文・人文系でも83.3%に達した。13年との比較で10ポイント程度上昇した系統も少なくない。

表の見方

データは各大学の就職課などが集計し、寄せた回答から学部系統別に就職率のランキングを作成している。学部単位(看護系のみ学科単位も含む)就職率は就職者数÷(卒業生数−大学院進学者数)で算出。3年間就職率は3年間(2014年、15年、16年)の就職者数÷(3年間の卒業生数−3年間の大学院進学者数)で算出している。

16年の卒業生が100人以上の学部が掲載対象。学部名は旧名称の場合があり、3年間の間に学部名等を変更した場合は対象外としている。就職率の小数点2ケタ以下は同率として順位をつけた。

難易度は、河合塾が予想する合否の可能性が50%に分かれるボーダーライン偏差値。今回使用したボーダーラインは、前年度(16年度)の入試結果と第2回全統マーク模試の志望動向を参考に算出されたもの。入学時と卒業時で学部名称が違う場合や算出不能の場合は「—」としている。

(出所)就職率は大学通信調べ。難易度は河合塾調べ

法学系

その文系の学部系統ごとに14〜16年の3年間累積就職率でランキングしてみると、法学系のトップは青森中央学院大学だった。2位は日本文化大学。両校ともに入学時の難易度は高くないが、就職率が高水準で安定している「お得な大学」だ。法学系は16年の平均就職率が83.7%にとどまるが、これは難関大学ほど司法試験や公務員試験準備で、進路未定のまま卒業する学生が多いためだ。そうした中、一橋大学の累積就職率は90%超。16年単年の就職率に注目すると、ランキング上位では、南山大学早稲田大学の伸びが顕著となっている。