鉱工業生産指数の改善が顕著だ。4月は103.8(季節調整済み)と、前月比で4.0%の上昇(図表1)。2008年10月以来の高水準となり、消費税率引き上げ前のピークだった14年1月の103.2を上回った。

[図表1]
拡大する

牽引したのは、自動車に代表される輸送機械だ。4月の生産指数は114.8で、前月比10.8%の増加となった。ほかにも汎用・生産用・業務用機械や電子部品・デバイスが高い伸びを示した。速報段階で公表される15業種のうち、11業種が前月比で上昇した。

ただ、生産が好調だった反面で、気になる変化も見て取れる。急ピッチでの在庫の増加だ。4月の在庫指数は111.3と、前月比1.5%の増加。16年11月を底に、5カ月連続で在庫が積み上がっている。