トランプ米大統領が気候変動への国際的な枠組み「パリ協定」からの離脱を宣言した。米国と世界に深刻な打撃を与える歴史的な過ちである。

トランプ氏は米国に有利となるよう再交渉を主張している。だが、パリ協定は各国の指導者が高く評価してきたものだ。画期的な気候変動対策として、国際協調の勝利の証しとして、さらには世界経済にプラスになるものとして。

トランプ氏は自身の決断の意味を理解していないだけかもしれない。だが同氏の政策顧問は、パリ協定離脱によって何が犠牲になるのか、よく理解しているはずだ。