人手不足はついにバブル期を超えた。厚生労働省が発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.03ポイント高の1.48倍。これはバブル期に記録した1.46倍(1990年7月)を上回り、74年2月以来、43年2カ月ぶりの高さだ。

(出所)厚生労働省の資料を基に本誌作成

こうした状況を背景に、過去最高益を出す人材派遣会社が続出している。2017年3月期決算では、業界2位のテンプホールディングス(HD)や製造業派遣のUTグループなどが記録した。アウトソーシング(17年12月期)やテクノプロ・ホールディングス(17年6月期)なども今期の最高益更新が見込まれる。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP