シェア7割超を占める海外投資家の一挙手一投足に注目が集まる(撮影:尾形文繁)

日本株売買の主役は今や海外投資家だ。海外投資家のシェアは拡大の一途をたどり、今年1~4月は東証1部の総売買代金(証券会社の自己売買を除く)の74%を占めている。個人や銀行、生・損保などの機関投資家、事業法人など日本勢を合計しても全体の4分の1にとどまる。東京市場の主導権は完全に海外勢が握っているのだ。

では「海外投資家」とは具体的に誰なのか。

海外投資家の中で取引金額が最も多いのは欧州勢だ。東証が集計する地域別株券売買状況では、4月は「欧州」の占有率が77%と圧倒的に高く、「アジア」「北米」は各10%強だ。ほかの月もおおむね同じ比率である。