半導体業界の先行きには、期待と不安の声が入り交じる(撮影:尾形文繁)

久々の活況に半導体業界が沸いている。米グーグルをはじめとしたIT大手が、データセンターへの投資を積極化。サーバーに搭載される3次元NANDと呼ばれる新型メモリ半導体が不足する事態に陥っている。

福音になったのはIoT(モノのインターネット)だ。これが本格化すれば、工場、家電、自動車などにさまざまな半導体が搭載される。生み出されるデータ量も爆発的に増大するとみられており、その処理に必要なデータセンターを建設しているのだ。

投資家たちも熱狂している。米国の半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)は1106.22(6月5日時点)で、「ITバブル超え」が目前だ。