平井社長就任から5年。今期は構造改革の集大成となる(撮影:今井康一)

「2017年度は結果にこだわる重要な年だ」。5月に開かれたソニーの経営方針説明会で、平井一夫社長は決意を語った。これまで掲げてきた「18年3月期営業利益5000億円以上」という目標も「十分狙える力がついてきた」と自信を見せる。達成すれば1998年3月期(5257億円)以来、20年ぶりだ。

前期の営業利益は2887億円。5000億円達成のハードルは高く見える。だが詳細に見ると違う姿が浮かび上がる。