企業の費用削減が追い風

企業の福利厚生サービス代行というニッチな市場で、急成長を遂げているのがリログループだ。2017年3月期の売上高は2051億円(前期比11.9%増)、経常利益は142億円(同20.1%増)。この10年で売上高は3倍、経常利益は4倍に拡大している。

(注)各3月期 (出所)『会社四季報』最新データを基に本誌作成

リロは福利厚生代行サービスを日本で最初に立ち上げたパイオニアだ。企業がコスト削減を進める中で、福利厚生サービスを外部に委託する動きが加速。リロが運営する「福利厚生倶楽部」はそのニーズを取り込み、会員数は16年度末で544万人(前年度末比10.3%増)に膨らんだ。会員は特定の宿泊施設やレジャー施設、保育施設や老人ホームなどを割引価格で利用できる。

現在は福利厚生だけでなく、人事部や総務部が行うあらゆる業務を代行サービスとして請け負う。