【今週の眼】柳川範之 東京大学大学院教授
やながわ・のりゆき●1963年生まれ。慶応義塾大学通信教育課程卒業。93年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士(東京大学)。東京大学助教授などを経て2011年から現職。主著に『法と企業行動の経済分析』『独学という道もある』など。(撮影:今井康一)

近年、日本でもROE(自己資本利益率)という言葉がすっかりポピュラーになった。コーポレートガバナンスコードやスチュワードシップコードがつくられたこともあり、多くの企業や投資家が、ROEを重視して活動をするようになったのは、いい傾向だ。

しかしそれは、2周遅れがようやく1週遅れになったということなのかもしれない。世界経済は大きな技術革新の波に直面し、企業経営のあり方も大きく変わろうとしているからだ。

AI(人工知能)、ビッグデータ、IoT(モノのインターネット)などは、今やすっかりはやり言葉だが、これらの技術革新に共通した特徴は、先行者利益が圧倒的に大きいという点だ。